底釣り


底釣りの基本

 
水深を正確に計る

底釣りは、エサを底につけて釣る方法です。

そのため、正確にタナを計り、仕掛けの位置を調整しなくてはなりません。

底釣りはヘラブナの活性が悪く食い渋りを感じるときに使用し、

野釣りで主に利用される釣法で、エサは水底でバラケるので、

底にやってきたヘラブナを確実に釣り上げます。

このときエサが柔すぎたり、またしっかりと針についていないと、

底に着く前にバラケてしまい、

ヘラブナを底まで寄せられない原因になりますので注意が必要です。

釣れているときは場所を変えない

底釣りでは、エサを底にバラケさせるため、そこにヘラブナが集まってくる地合いができます。

そのため、頻繁に場所を変えてしまうと、地合いがバラバラになってしまうので

もったいないことになります。

よほど釣れない場合は変えた方がいいですが、寄せたヘラブナを一カ所に集めるイメージで

釣ることが基本です。

タグ

最新情報