へらぶな釣り豆知識


ヘラブナ釣りトーナメント

 
競技会で腕試しをする

ヘラブナ用の釣り堀で定期的に大会を催すことがあるようです。

また、NPOの主催する本格的なトーナメントもありますので、

もしあなたがご自身の腕試しをしてみたくなったら、

こうした競技に参加すると良いでしょう。

どうやって勝ち負けを決めるの?

大抵のヘラブナの大会やトーナメントでは、釣り上げたヘラブナの重量で

勝ち負けを決めるようです。

なお、ヘラブナ釣りキャッチ&リリースの釣りですので、

玉網に入れたまま重量を量ります。

魚にダメージを与えないこともルールの一つですので、

魚が死んでしまった場合は失格になることもあります。

ペアで参加する大会もありますので、家族や友人、恋人同士で参加すると、

多いに盛り上がるでしょう。

ヘラブナ豆知識

 
ヘラブナはおいしい?

ヘラブナは泥臭くて小骨が多い魚ですので、食用を目的として釣ることは

ほとんどありません。

調理法によってはおいしく食べられるようです。

泥臭さが気にならないように甘露煮にしたり、煮物や唐揚げにしている人もいます。

ただ、あえて食用にしたいと思う魚ではありません。

フナ類は寄生虫がつきやすく、生で食べると危険です。

もしもあなたが食用とする場合には、十分に火を通してからにしてください。

ゲンゴロウブナの変種

ヘラブナはもともとは、琵琶湖に生息していたゲンゴロウブナの変種です。

ゲンゴロウブナは雑食性ですが、ヘラブナは基本的に植物性プランクトンを好みます。

関西で養殖され、後に放流されて全国の野池に見られるようになりました。

ヘラブナの寿命は?

ヘラブナは成長が早く、3年程度で体長が30cmにもなります。

また、寿命がとても長く、中には数十年生きる個体もあるようです。

長く生きるほど、痛い目にもあっているため、スレて釣りづらいでしょう。

タグ

最新情報