へらぶな釣りの基本


ヘラブナ釣りの楽しさとは?

 
ヘラブナ釣りの魅力

ヘラブナは食用を目的として釣る魚ではありません

ヘラブナ釣りではアワセなければ釣れません。

そのため、釣りのテクニックを磨き、釣り上げること自体を楽しみとする釣りです。

また、ヘラブナは成長が早い魚で、

40cm以上の魚が数多く生息していても珍しくありません。

50cm以上に成長したヘラブナは巨ベラと称されます。

そしてヘラブナは引きが大変強く、釣りの楽しさを存分に味わうことができます。

テクニックを磨く楽しみ

ヘラブナ釣りでは、アタリが来たときにアワセなければ、逃げられてしまいます。

つまり、テクニックがなければ釣れないのです。

ヘラブナをダンゴエサなどで引き寄せ、アタリが来た瞬間にアワセ、

竿をきちんと立てる必要があります。

熟練者であれば、その場で何匹でも面白いように釣り上げて楽しめるでしょう。

ヘラブナ釣りの楽しさとは?

ヘラブナ釣りでは、底釣り宙釣りエサの配合ヘラブナが集まっている

ポイントを推理し、頭脳とテクニックを駆使します。

ヘラブナ釣りのマナー

 
マナーを守ろう

管理釣り場を利用する場合、そこのルールに従って釣りをしてください。

ヘラブナ釣りのマナー

また、ゴミのポイ捨ては厳禁です。

自分のゴミは自分で持ち帰る、というのは釣り人として最低限のマナー

と心得ておきましょう。

また、野釣りでは車の駐車場所にも注意が必要です。

近隣住民から苦情が出ると、その釣り場が閉鎖される恐れもありますので、

地域の方に迷惑をかけないように気をつけましょう。

自然との対話を楽しむ

ヘラブナ釣りは「釣りのための釣り」であり、

ヘラブナを通して自然との対話を楽しむ贅沢な遊びです。

ですから、釣り上げたヘラブナをできるだけ傷つけないように

リリースしてあげることがヘラ師のマナーの一つになっています。

ウキの浮き沈みにドキドキして、大きなヘラブナを釣り上げる喜びを

味わわせてもらった後は、

「楽しませてくれて、ありがとう。また元気で泳いでね」

と自然に対する感謝の気持ちを持ち、

ヘラブナの健康を気遣う余裕があれば、あなたも一人前のヘラ師です。

ヘラブナ釣りに関する注意点

 
キャッチ&リリース

ヘラブナ釣りゲームフィッシングの代表格であり、

釣ったヘラブナをできるだけ傷つけずにキャッチ&リリースする必要があります。

このように、キャッチ&リリースが前提の釣りのため、

ヘラブナ釣り用の針にはカエシがなく、「スレ針」と呼ばれています。

カエシがないため、比較的魚の口を傷めずにリリースすることができます。

また、魚の表面のぬめりは、魚にとって身体を保護する

大事なバリアの役割を果たしています。

そのため、釣り上げたときは直接ヘラブナには触れず、

玉網でそっとすくいあげるようにします。

野釣りでは気をつけて

野釣りでは、美しい池や湖を眺めながら釣りを楽しめますが、

釣り場として整備されているわけではありませんので、安全には十分に注意が必要です。

雨が降った場合は池や沼が急な増水をすることがあるので、足元には気をつけましょう。

また、お子さん連れの場合、小さな子供から目を離すと危険です。

常に目の届く範囲にいるように注意しましょう。

タグ

最新情報