へら鮒


へら鮒釣り情報

へら鮒釣り “無料動画” はコチラから

お名前(性):

例:山田


メールアドレス:

例:yamada@mail-adress.com


へら鮒釣りDVD通信講座

DVDおすすめ情報

ナビゲーション

『へら鮒をバンバン釣り上げたい』
『へら鮒釣り第一人者の名人の技を学びたい』
『短期間に名人のヘラブナ釣りテクニックをマスターしたい』

そんなへら鮒釣りのお悩みを抱えているあなたへ!

当DVD講座は、ヘラブナ釣り歴55年以上のへら鮒釣り名人田中武が、
これまでの豊富な経験や知恵をもとに、初心者でもへら鮒釣りがマスター
できるようにと作成した、ヘラブナ釣りノウハウの集大成です。

へら鮒釣り第一人者のテクニックを伝授します!

【へら鮒釣り用語】大助とは

 
大助

およそ40以上の大型のヘラブナ。

【へら鮒釣り用語】魚信とは

 
魚信

アタリのこと。

魚がエサに食いついたとき、その状態がウキに表れる動きの事。

【へら鮒釣り用語】チョウチン釣りとは

 
チョウチン釣り

竿の穂先からウキまでを短い状態にし、その下をタナとして釣る方法。

エサ付けの基本とは?

 
へら鮒釣りに関する質問

エサ付けに悩む人や初心者に教えるためのエサ付けの基本とは?

エサ付けの基本とは?

へら鮒釣りに関する回答

慣れないうちは両手を使うが、慣れれば片手(利き手の反対側)でできる。

正しく練習すれば1日でできるようになる。

根気良く・・・が肝心。

アタリに応じてエサの粘度(エアーの加減)を調整する。

初めに練ったエサは、あくまで元のもの。

使う状況に応じて一投ごとにエサを変える気持ちで・・・

ウキの大きさはどうやって決めるのか?

 
へら鮒釣りに関する質問

ウキの大きさは竿の長さで決めるのか、それともタナで決めるのか?

ウキの大きさはどうやって決めるのか?

へら鮒釣りに関する回答

竿を長くするとウキが遠くなるため、トップは太め・目盛りは粗い目。

逆に、竿が長いとオモリがある程度かまないと飛ばない。

感度が出るので、なるべくウキは軽いものを使いたい。

仕掛けは細いほうがいい?

 
へら鮒釣りに関する質問

「仕掛けは細いほうがいい」と言われる理由とは?

仕掛けは細いほうがいい?

へら鮒釣りに関する回答

細いほど抵抗なく吸い込む。

水中ビデオで実験したこともあるが太いハリスはすぐに吐き出す。

細いハリスは口に咥えている時間が長い。

ハリスは細いほどよい。

限界に耐えれるかどうか、それだけが問題。

例えば、ワイヤーロープに0.6号のハリスをかけると簡単に切れる。

0.6号のハリスで道糸も0.6号にすると、伸びが同じなので切れにくい。

道糸の号数とハリスの号数を大きく変えない。

野釣りで巨ベラを仕留めるための条件とは?

 
へら鮒釣りに関する質問

野釣りで巨ベラを仕留めるための条件とは?

野釣りで巨ベラを仕留めるための条件とは?

へら鮒釣りに関する回答

ハタキ(生殖活動)の時期がポイント。

巨ベラは警戒心が強いため普段は縁に寄ってこないが、生殖活動の時期は違う。

ハタキ(生殖活動)は長い時で4日、普通は3日ぐらいで終わる。

その中でも特に初日を狙うのがベスト。

タグ

最新情報