キャッチ&リリース


ヘラブナ釣りトーナメント

 
競技会で腕試しをする

ヘラブナ用の釣り堀で定期的に大会を催すことがあるようです。

また、NPOの主催する本格的なトーナメントもありますので、

もしあなたがご自身の腕試しをしてみたくなったら、

こうした競技に参加すると良いでしょう。

どうやって勝ち負けを決めるの?

大抵のヘラブナの大会やトーナメントでは、釣り上げたヘラブナの重量で

勝ち負けを決めるようです。

なお、ヘラブナ釣りキャッチ&リリースの釣りですので、

玉網に入れたまま重量を量ります。

魚にダメージを与えないこともルールの一つですので、

魚が死んでしまった場合は失格になることもあります。

ペアで参加する大会もありますので、家族や友人、恋人同士で参加すると、

多いに盛り上がるでしょう。

ヘラブナ釣りに関する注意点

 
キャッチ&リリース

ヘラブナ釣りゲームフィッシングの代表格であり、

釣ったヘラブナをできるだけ傷つけずにキャッチ&リリースする必要があります。

このように、キャッチ&リリースが前提の釣りのため、

ヘラブナ釣り用の針にはカエシがなく、「スレ針」と呼ばれています。

カエシがないため、比較的魚の口を傷めずにリリースすることができます。

また、魚の表面のぬめりは、魚にとって身体を保護する

大事なバリアの役割を果たしています。

そのため、釣り上げたときは直接ヘラブナには触れず、

玉網でそっとすくいあげるようにします。

野釣りでは気をつけて

野釣りでは、美しい池や湖を眺めながら釣りを楽しめますが、

釣り場として整備されているわけではありませんので、安全には十分に注意が必要です。

雨が降った場合は池や沼が急な増水をすることがあるので、足元には気をつけましょう。

また、お子さん連れの場合、小さな子供から目を離すと危険です。

常に目の届く範囲にいるように注意しましょう。

タグ

最新情報