タナ


ウキの大きさはどうやって決めるのか?

 
へら鮒釣りに関する質問

ウキの大きさは竿の長さで決めるのか、それともタナで決めるのか?

ウキの大きさはどうやって決めるのか?

へら鮒釣りに関する回答

竿を長くするとウキが遠くなるため、トップは太め・目盛りは粗い目。

逆に、竿が長いとオモリがある程度かまないと飛ばない。

感度が出るので、なるべくウキは軽いものを使いたい。

季節に応じたヘラブナの釣り方

 
四季で変化するヘラブナ釣り

ヘラブナ季節により行動やタナが変わるので、

それに合わせた釣り方をする必要があります。

●    春のヘラブナ釣り

乗っ込みで浅場にやってきたヘラブナを狙います。

岸辺でパシャパシャと水音がすれば、ヘラブナがそこで産卵している証拠です。

葦の茂みや倒木の陰なども狙い目です。

●    夏のヘラブナ釣り

ヘラブナの活性があがっており、フィールドに応じて底釣り宙釣りなど、

色々なテクニックを試すことができます。

ある程度水深のあるタナが狙い目です。

一般に大物ほど底にいますから、底に近いタナを狙うと面白いでしょう。

●    秋のヘラブナ釣り

ヘラブナは水温の変化に敏感なため、気温の変化の激しい秋は注意が必要です。

一日を通して、あちこちにポイントを移動するので、頭を使い、

ヘラブナがいるポイントを狙いましょう。

●    冬のヘラブナ釣り

ヘラブナは半ば冬眠に入ってしまうため、活性がひどく鈍くなります。

日当りの良い水温の高そうな場所を狙うと、たまに弱いアタリが来るでしょう。

冬の厳寒期は、沼や池よりも、川のような流水に生息しているヘラブナの方が

活性は高いようです。

ヘラブナ釣りの正確なタナ取りの方法

 
タナについて

タナとは水の深さのことで、50cm~150cm程度を浅ダナと言います。

タナ取りヘラブナ釣りのキモと言っていいほど重要なポイントです。

特に底釣りでは、水底にエサをつけて釣るため、

正確にタナ取りをする必要があります。

一般的なタナ取りは、針にタナ取りゴムをつけて投入し、ウキを少しずつ上げながら、

ウキのトップの先端が水面に出る位置を見つけて調整します。

真冬のタナの攻め方に注意

ヘラブナは基本的に、エサで寄せて釣る釣りですが、冬の厳寒期においては

動きが鈍く、なかなか泳いでいるタナから移動しようとしません。

ですから、「寄せて釣る」よりもヘラブナがいるポイントに竿を落としこむ必要があります。

ヘラブナが釣れないときの対処法

 
釣れない原因を特定する

「釣れない」と言っても、原因は主に二つに分かれます。

一つはヘラブナがいるタナやポイントを見つけられないか、

もしくはアタリが来てもアワセられないかです。

まず、まったくアタリが来ない場合、水温が10度以下であれば、

ヘラブナの活性自体が悪い可能性が高いです。

そのときはヘラブナが水温の高そうな場所でじっと身を潜めていることがありますので、

ポイントを変えて釣ることが肝要です。

また、宙釣りでアタリが来ないようならハリスの段差を調整してみる、

あるいは底釣りに変えてみるなど、釣法を変えてみるのもいいでしょう。

なお、アタリがたくさん来ているのに釣り上げられない場合、あなた自身が

アタリのタイミングを見極められず、アワセられていないか、もしくは

小魚がエサをつついて空ツンを出している可能性があります。

空ツンにだまされないよう、本アタリにきちんとアワセましょう。

タグ

最新情報