ダンゴエサ


宙釣りの基本

 
ヘラブナの活性がいいときは宙釣り

水底に針をつけて釣ることを底釣りと言うのに対して、

水底につけずに釣ることを宙釣りと言います。

上の針にバラケエサをつけてヘラブナを寄せ、下の針に食わせて釣り上げます。

ダンゴエサの固さがポイント

基本的に、水温が高く、ヘラブナの活性がいい夏から初秋にかけて使用する釣法です。

練りエサのダンゴの硬さを調整することが一つのポイントになっています。

たとえば、両ダンゴの宙釣りは一般的な仕掛けですが、

始めはヘラブナを寄せるためにバラケやすい固さにダンゴを丸めます。

そして集まってきたら今度は良く練って粘りを出し、

ヘラブナがうまく吸い込むように工夫します。

初心者には少々ダンゴの扱いが難しいので、底釣りからスタートする方が無難です。

ヘラブナ釣りの楽しさとは?

 
ヘラブナ釣りの魅力

ヘラブナは食用を目的として釣る魚ではありません

ヘラブナ釣りではアワセなければ釣れません。

そのため、釣りのテクニックを磨き、釣り上げること自体を楽しみとする釣りです。

また、ヘラブナは成長が早い魚で、

40cm以上の魚が数多く生息していても珍しくありません。

50cm以上に成長したヘラブナは巨ベラと称されます。

そしてヘラブナは引きが大変強く、釣りの楽しさを存分に味わうことができます。

テクニックを磨く楽しみ

ヘラブナ釣りでは、アタリが来たときにアワセなければ、逃げられてしまいます。

つまり、テクニックがなければ釣れないのです。

ヘラブナをダンゴエサなどで引き寄せ、アタリが来た瞬間にアワセ、

竿をきちんと立てる必要があります。

熟練者であれば、その場で何匹でも面白いように釣り上げて楽しめるでしょう。

ヘラブナ釣りの楽しさとは?

ヘラブナ釣りでは、底釣り宙釣りエサの配合ヘラブナが集まっている

ポイントを推理し、頭脳とテクニックを駆使します。

タグ

最新情報