冬のヘラブナ釣り


季節に応じたヘラブナの釣り方

 
四季で変化するヘラブナ釣り

ヘラブナ季節により行動やタナが変わるので、

それに合わせた釣り方をする必要があります。

●    春のヘラブナ釣り

乗っ込みで浅場にやってきたヘラブナを狙います。

岸辺でパシャパシャと水音がすれば、ヘラブナがそこで産卵している証拠です。

葦の茂みや倒木の陰なども狙い目です。

●    夏のヘラブナ釣り

ヘラブナの活性があがっており、フィールドに応じて底釣り宙釣りなど、

色々なテクニックを試すことができます。

ある程度水深のあるタナが狙い目です。

一般に大物ほど底にいますから、底に近いタナを狙うと面白いでしょう。

●    秋のヘラブナ釣り

ヘラブナは水温の変化に敏感なため、気温の変化の激しい秋は注意が必要です。

一日を通して、あちこちにポイントを移動するので、頭を使い、

ヘラブナがいるポイントを狙いましょう。

●    冬のヘラブナ釣り

ヘラブナは半ば冬眠に入ってしまうため、活性がひどく鈍くなります。

日当りの良い水温の高そうな場所を狙うと、たまに弱いアタリが来るでしょう。

冬の厳寒期は、沼や池よりも、川のような流水に生息しているヘラブナの方が

活性は高いようです。

タグ

最新情報