宙釣り


底釣りの基本

 
水深を正確に計る

底釣りは、エサを底につけて釣る方法です。

そのため、正確にタナを計り、仕掛けの位置を調整しなくてはなりません。

底釣りはヘラブナの活性が悪く食い渋りを感じるときに使用し、

野釣りで主に利用される釣法で、エサは水底でバラケるので、

底にやってきたヘラブナを確実に釣り上げます。

このときエサが柔すぎたり、またしっかりと針についていないと、

底に着く前にバラケてしまい、

ヘラブナを底まで寄せられない原因になりますので注意が必要です。

釣れているときは場所を変えない

底釣りでは、エサを底にバラケさせるため、そこにヘラブナが集まってくる地合いができます。

そのため、頻繁に場所を変えてしまうと、地合いがバラバラになってしまうので

もったいないことになります。

よほど釣れない場合は変えた方がいいですが、寄せたヘラブナを一カ所に集めるイメージで

釣ることが基本です。

宙釣りの基本

 
ヘラブナの活性がいいときは宙釣り

水底に針をつけて釣ることを底釣りと言うのに対して、

水底につけずに釣ることを宙釣りと言います。

上の針にバラケエサをつけてヘラブナを寄せ、下の針に食わせて釣り上げます。

ダンゴエサの固さがポイント

基本的に、水温が高く、ヘラブナの活性がいい夏から初秋にかけて使用する釣法です。

練りエサのダンゴの硬さを調整することが一つのポイントになっています。

たとえば、両ダンゴの宙釣りは一般的な仕掛けですが、

始めはヘラブナを寄せるためにバラケやすい固さにダンゴを丸めます。

そして集まってきたら今度は良く練って粘りを出し、

ヘラブナがうまく吸い込むように工夫します。

初心者には少々ダンゴの扱いが難しいので、底釣りからスタートする方が無難です。

季節に応じたヘラブナの釣り方

 
四季で変化するヘラブナ釣り

ヘラブナ季節により行動やタナが変わるので、

それに合わせた釣り方をする必要があります。

●    春のヘラブナ釣り

乗っ込みで浅場にやってきたヘラブナを狙います。

岸辺でパシャパシャと水音がすれば、ヘラブナがそこで産卵している証拠です。

葦の茂みや倒木の陰なども狙い目です。

●    夏のヘラブナ釣り

ヘラブナの活性があがっており、フィールドに応じて底釣り宙釣りなど、

色々なテクニックを試すことができます。

ある程度水深のあるタナが狙い目です。

一般に大物ほど底にいますから、底に近いタナを狙うと面白いでしょう。

●    秋のヘラブナ釣り

ヘラブナは水温の変化に敏感なため、気温の変化の激しい秋は注意が必要です。

一日を通して、あちこちにポイントを移動するので、頭を使い、

ヘラブナがいるポイントを狙いましょう。

●    冬のヘラブナ釣り

ヘラブナは半ば冬眠に入ってしまうため、活性がひどく鈍くなります。

日当りの良い水温の高そうな場所を狙うと、たまに弱いアタリが来るでしょう。

冬の厳寒期は、沼や池よりも、川のような流水に生息しているヘラブナの方が

活性は高いようです。

ヘラブナ釣りの正確なタナ取りの方法

 
タナについて

タナとは水の深さのことで、50cm~150cm程度を浅ダナと言います。

タナ取りヘラブナ釣りのキモと言っていいほど重要なポイントです。

特に底釣りでは、水底にエサをつけて釣るため、

正確にタナ取りをする必要があります。

一般的なタナ取りは、針にタナ取りゴムをつけて投入し、ウキを少しずつ上げながら、

ウキのトップの先端が水面に出る位置を見つけて調整します。

真冬のタナの攻め方に注意

ヘラブナは基本的に、エサで寄せて釣る釣りですが、冬の厳寒期においては

動きが鈍く、なかなか泳いでいるタナから移動しようとしません。

ですから、「寄せて釣る」よりもヘラブナがいるポイントに竿を落としこむ必要があります。

ヘラブナが釣れないときの対処法

 
釣れない原因を特定する

「釣れない」と言っても、原因は主に二つに分かれます。

一つはヘラブナがいるタナやポイントを見つけられないか、

もしくはアタリが来てもアワセられないかです。

まず、まったくアタリが来ない場合、水温が10度以下であれば、

ヘラブナの活性自体が悪い可能性が高いです。

そのときはヘラブナが水温の高そうな場所でじっと身を潜めていることがありますので、

ポイントを変えて釣ることが肝要です。

また、宙釣りでアタリが来ないようならハリスの段差を調整してみる、

あるいは底釣りに変えてみるなど、釣法を変えてみるのもいいでしょう。

なお、アタリがたくさん来ているのに釣り上げられない場合、あなた自身が

アタリのタイミングを見極められず、アワセられていないか、もしくは

小魚がエサをつついて空ツンを出している可能性があります。

空ツンにだまされないよう、本アタリにきちんとアワセましょう。

野釣りヘラブナ釣りについて

 
野釣りのヘラブナの特徴

野生化したヘラブナは、当然のことですが、警戒心が強く、

人間が立てる物音にも敏感です。

また、天候や水温の変化に機敏に反応し、気温が少し変化しただけで

タナをすぐに移動してしまいます。

野釣りでは釣果に当たり外れはありますが、巨ベラが釣れることもあります。

巨ベラを狙うなら、野釣りです

また、自然と触れ合うのは健康にいいだけではなく、気分もいいものです。

移ろう四季の自然を楽しみながら、野釣りをするのもヘラブナ釣りの魅力です。

野釣りに行く準備は?

フィールドにより異なりますが、野釣りでは長短両方の竿を準備し、

底釣りで始めるのが基本になっています。

また、野外では強い日射しを避けるためのパラソルや帽子、椅子あるいは

釣り台、竿受けや玉網などアウトドアを意識した道具を揃える必要があります。

ヘラブナ釣りの仕掛けの作り方

 
ヘラブナ釣りの仕掛け

ヘラブナ釣りでは状況に合わせて適切な道具を使用する必要はありますが、

仕掛けそのものはシンプルでさほど難しいものではありません。

仕掛けの作り方は、以下の手順を参考にしてください。

1.道糸を穂先に結びつける

2.道糸の長さを決める。(グリップの中間が目安)

3.ウキ止めをつける

4.道糸にジョイントを結びつける

5.オモリをつける

6.ハリスを結びつける

なお、ハリス2本仕掛けです。

底釣り宙釣りそれぞれの釣法で、ハリスの段差を調整して使用します。

底釣りの場合、段差は5cm程度が標準です。

宙釣りでは底釣りよりも段差が大きく、20cm以上の段差をとります。

ヘラブナ釣りの楽しさとは?

 
ヘラブナ釣りの魅力

ヘラブナは食用を目的として釣る魚ではありません

ヘラブナ釣りではアワセなければ釣れません。

そのため、釣りのテクニックを磨き、釣り上げること自体を楽しみとする釣りです。

また、ヘラブナは成長が早い魚で、

40cm以上の魚が数多く生息していても珍しくありません。

50cm以上に成長したヘラブナは巨ベラと称されます。

そしてヘラブナは引きが大変強く、釣りの楽しさを存分に味わうことができます。

テクニックを磨く楽しみ

ヘラブナ釣りでは、アタリが来たときにアワセなければ、逃げられてしまいます。

つまり、テクニックがなければ釣れないのです。

ヘラブナをダンゴエサなどで引き寄せ、アタリが来た瞬間にアワセ、

竿をきちんと立てる必要があります。

熟練者であれば、その場で何匹でも面白いように釣り上げて楽しめるでしょう。

ヘラブナ釣りの楽しさとは?

ヘラブナ釣りでは、底釣り宙釣りエサの配合ヘラブナが集まっている

ポイントを推理し、頭脳とテクニックを駆使します。

タグ

最新情報