巨ベラ


野釣りで巨ベラを仕留めるための条件とは?

 
へら鮒釣りに関する質問

野釣りで巨ベラを仕留めるための条件とは?

野釣りで巨ベラを仕留めるための条件とは?

へら鮒釣りに関する回答

ハタキ(生殖活動)の時期がポイント。

巨ベラは警戒心が強いため普段は縁に寄ってこないが、生殖活動の時期は違う。

ハタキ(生殖活動)は長い時で4日、普通は3日ぐらいで終わる。

その中でも特に初日を狙うのがベスト。

野釣りヘラブナ釣りについて

 
野釣りのヘラブナの特徴

野生化したヘラブナは、当然のことですが、警戒心が強く、

人間が立てる物音にも敏感です。

また、天候や水温の変化に機敏に反応し、気温が少し変化しただけで

タナをすぐに移動してしまいます。

野釣りでは釣果に当たり外れはありますが、巨ベラが釣れることもあります。

巨ベラを狙うなら、野釣りです

また、自然と触れ合うのは健康にいいだけではなく、気分もいいものです。

移ろう四季の自然を楽しみながら、野釣りをするのもヘラブナ釣りの魅力です。

野釣りに行く準備は?

フィールドにより異なりますが、野釣りでは長短両方の竿を準備し、

底釣りで始めるのが基本になっています。

また、野外では強い日射しを避けるためのパラソルや帽子、椅子あるいは

釣り台、竿受けや玉網などアウトドアを意識した道具を揃える必要があります。

ヘラブナ釣りの楽しさとは?

 
ヘラブナ釣りの魅力

ヘラブナは食用を目的として釣る魚ではありません

ヘラブナ釣りではアワセなければ釣れません。

そのため、釣りのテクニックを磨き、釣り上げること自体を楽しみとする釣りです。

また、ヘラブナは成長が早い魚で、

40cm以上の魚が数多く生息していても珍しくありません。

50cm以上に成長したヘラブナは巨ベラと称されます。

そしてヘラブナは引きが大変強く、釣りの楽しさを存分に味わうことができます。

テクニックを磨く楽しみ

ヘラブナ釣りでは、アタリが来たときにアワセなければ、逃げられてしまいます。

つまり、テクニックがなければ釣れないのです。

ヘラブナをダンゴエサなどで引き寄せ、アタリが来た瞬間にアワセ、

竿をきちんと立てる必要があります。

熟練者であれば、その場で何匹でも面白いように釣り上げて楽しめるでしょう。

ヘラブナ釣りの楽しさとは?

ヘラブナ釣りでは、底釣り宙釣りエサの配合ヘラブナが集まっている

ポイントを推理し、頭脳とテクニックを駆使します。

タグ

最新情報